神戸三宮の観光

未分類

異人館神戸三宮周辺には、飲食店やホテルは充実しているけれど、観光地がたくさんあるというイメージを持っていない人も多いでしょう。しかし、じっくりと探してみると、観光地もいろいろとあるのです。では、どのような観光地が存在しているのでしょうか。神戸三宮の観光というと、神奈川県の横浜みたいな街という感じなので、やはり洋館などが多いイメージがあると思いますが、その代表が北野異人館です。北野異人館だけではなく、この周辺にはいろいろな異人館が立ち並んでいます

他にもイスラム教のモスクなどもあるのですが、最近はイスラム教のモスクも各地に増えてきたと言えるでしょう。そして神戸と言えば横浜や長崎と並んで大きな中華街があることでも知られています。その中華街には関帝廟というのがあります。関帝廟というのは、日本でも人気がある三国志の登場人物で、青竜偃月刀の使い手であり、大男の関羽という武将が祭られているのです。なぜ中華街で武将なのかを思う人もいるでしょう。

この関羽という武将は、そろばんを発明したという言い伝えが残っているので、商売の神様とも言われているのです。そのため、中華街には関羽を祭る関帝廟があると言えるでしょう。このように異国の文化が立ち並んでいるのが神戸三宮の特徴ですし、ホテルもたくさんあるので、宿泊するのに困ることもありません。当サイトでは神戸三宮周辺の観光地や、ホテルについての情報を発信しているので、訪れることがある場合には、参考にしてみてください。