神戸三宮のホテル

未分類

神戸三宮は有名な観光地というわけではありませんが、会社などが多いのでビジネスホテルは多くなっています。六甲山の方は観光地になっているため、一般的な観光ホテルも多くなっているでしょう。ビジネスホテルは駅前が中心になっているので、駅から徒歩でも十分移動できる範囲にありますし、極力人員を減らして安い値段で泊まれるようにしているのが特徴です。

洋室のホテル逆に観光ホテルの場合には、送迎や荷物運びと言ったホテルピックアップなどのサービスが充実しているホテルも多くなっていますし、たくさんサービスを導入しているところも珍しくはありません
高級ホテルが多いのではと思う人もいるでしょうが、もちろん高級なホテルも存在しているものの、比較的安い料金で宿泊できる上に、ホテルピックアップなどのサービスが充実しているところも多いのです。

ホテルの場合には洋室が多くなっているのですが、和室の部屋を設けているホテルも存在していますし、和室と洋室の両方が存在している和洋折衷の部屋もあります。
自然が豊かで静かなエリアにもホテルがありますし、海の近くや駅前など賑やかな地域にもホテルはあるので、いろいろな目的で利用する人が多いのも、神戸三宮の特徴だと言えるでしょう。


神戸三宮は自然豊かな観光地

未分類

神戸三宮というのは、元々山だった地域を開発してできたところなので、当然自然も多く存在しています。そんな自然を生かした観光地も存在しているのです。やはり疲れたときなどは、自然豊かな場所で癒されたいという人も多いので、自然が多い観光地は人気があると言えるでしょう。神戸三宮で言えば、六甲山が有名です。六甲のおいしい水で名前が知られているように、水もとてもきれいです。

海の幸また、六甲山から眺める夜景は最高だと言われているのですが、そんな六甲山にもホテルが存在しており、露天風呂に入りながら夜景を見ることができるところもあります
もちろん人気があるので、夏休みやゴールデンウィークなどはなかなか予約が取れません。他にも六甲山には牧場があるので、家族で見学をしてみるのもよいでしょう。
植物園もあるので、植物が好きな人にも向いています。

このような自然豊かな地域にあるホテルでも、送迎や荷物を運んでくれるホテルピックアップを行っているところが多いと言えるでしょう。
特に交通の便が悪くなっているところもあるので、送迎は欠かせません。
人によってはホテルピックアップを行っているところに宿泊したいと希望する人もいるのです。
料理も海の物と山の物を合わせた懐石料理をふるまってくれるところもあります。


神戸三宮は日本らしい観光地

未分類

神社の鳥居異国情緒あふれる観光地の神戸三宮ですが、日本らしい観光地は存在していないのかというと、決してそのようなことはありません。
いくらグローバル化が進み、日本の観光地がどんどん廃れていく中でも、まだ日本らしい観光地も残っているのです。その1つが生田神社です。
神社は日本独自の文化であり、日本全国いろいろな地域に存在しているのは知っているでしょう。

しかし、観光地ではなく地元の公園のような神社も存在している中で、この生田神社は神戸三宮で最も有名だと言われています。
生田神社は阪神淡路大震災で被害を受けましたが、現在ではしっかりと復興していますし、普段の日でも参拝客が訪れるぐらい賑やかな神社だと言えるでしょう。
他にも楠木正成を祭る湊川神社もあります。
ここの神社も有名ですし、歴史が好きな人であれば訪れたくなるところだと言えるでしょう。

ホテルも大半が洋風になっている現在ですが、中には和風の部屋を設けているところもあります。
ビジネスで宿泊する場合には洋風でもよいでしょうが、やはりのんびり観光や遊びで疲れた体を癒すためには和室が最適だと言えるでしょう。和風のホテルはサービスも充実していますし、何よりおもてなしが最高だと言えます。このような日本らしいホテルや観光地は、絶対に残していかないといけません。


神戸三宮の観光

未分類

異人館神戸三宮周辺には、飲食店やホテルは充実しているけれど、観光地がたくさんあるというイメージを持っていない人も多いでしょう。しかし、じっくりと探してみると、観光地もいろいろとあるのです。では、どのような観光地が存在しているのでしょうか。神戸三宮の観光というと、神奈川県の横浜みたいな街という感じなので、やはり洋館などが多いイメージがあると思いますが、その代表が北野異人館です。北野異人館だけではなく、この周辺にはいろいろな異人館が立ち並んでいます

他にもイスラム教のモスクなどもあるのですが、最近はイスラム教のモスクも各地に増えてきたと言えるでしょう。そして神戸と言えば横浜や長崎と並んで大きな中華街があることでも知られています。その中華街には関帝廟というのがあります。関帝廟というのは、日本でも人気がある三国志の登場人物で、青竜偃月刀の使い手であり、大男の関羽という武将が祭られているのです。なぜ中華街で武将なのかを思う人もいるでしょう。

この関羽という武将は、そろばんを発明したという言い伝えが残っているので、商売の神様とも言われているのです。そのため、中華街には関羽を祭る関帝廟があると言えるでしょう。このように異国の文化が立ち並んでいるのが神戸三宮の特徴ですし、ホテルもたくさんあるので、宿泊するのに困ることもありません。当サイトでは神戸三宮周辺の観光地や、ホテルについての情報を発信しているので、訪れることがある場合には、参考にしてみてください。